近くで見られても心配無用|ミネラルファンデーションで陶器肌キープ

肌を美しくするビタミンC

化粧水

ビタミンCの性質

ビタミンc誘導体は美容成分の一種で、皮膚につけると角質層でビタミンCと同じ働きをします。ビタミンC誘導体には、メラニン還元作用、抗酸化作用、皮脂分泌抑制作用、コラーゲン促進作用、抗炎症作用など、沢山の効果があります。こうした美容効果の高さから、最近はビタミンc誘導体入りの化粧品を各化粧品メーカーがこぞって販売しています。化粧水や美容液に使われているのが、水溶性のビタミンc誘導体です。皮膚に吸収されやすく即効性があります。乳液やクリームなどに使用されているのが、油溶性のビタミンc誘導体です。ビタミンC誘導体は本来水溶性の成分なので、乳液やクリームなどには油分と結合させるために合成界面活性剤が使われています。

沢山ある美容効果

ビタミンc誘導体を使った基礎化粧品は抗酸化作用があるので、しみやたるみなどを予防し、老化速度を遅くする効果があると言われています。さらにビタミンc誘導体にはコラーゲンの合成を促進して肌にハリを出す働きもあり、まさにアンチエイジングにはうってつけの美容成分です。ニキビやニキビ跡などを治すのにも、ビタミンc誘導体入り化粧品が効果があります。ビタミンc誘導体には皮脂バランスをコントロールする働きがあります。皮脂分泌を抑えてニキビが出来にくい肌に導きます。また、ニキビの炎症を防ぐ効果や、残ったニキビ跡の赤みを改善する効果もあります。真皮のメラニンを還元して、出来てしまったシミを薄くすることもできます。